space

01 SAMPLE

space

※パララックス(parallax 視差効果)スクロール
スクロールの背景移動スピードを変える事で奥行感を出しています。
PCテンプレート(ブラウザ幅769px以上)にて動作します。
768px以内はPC閲覧では背景固定。タブレットやスマホは通常スクロールです。

各背景画像は【固定ページの編集】でアイキャッチ画像を選択するだけの簡単設定。
ひとつおきでの背景設定や、テクスチャ(模様)や色のみにしたりするのもお勧めです。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

space

01 SAMPLE

space

※パララックス(parallax 視差効果)スクロール
スクロールの背景移動スピードを変える事で奥行感を出しています。
PCテンプレート(ブラウザ幅769px以上)にて動作します。
768px以内はPC閲覧では背景固定。タブレットやスマホは通常スクロールです。

各背景画像は【固定ページの編集】でアイキャッチ画像を選択するだけの簡単設定。
ひとつおきでの背景設定や、テクスチャ(模様)や色のみにしたりするのもお勧めです。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

space

01 SAMPLE

space

※パララックス(parallax 視差効果)スクロール
スクロールの背景移動スピードを変える事で奥行感を出しています。
PCテンプレート(ブラウザ幅769px以上)にて動作します。
768px以内はPC閲覧では背景固定。タブレットやスマホは通常スクロールです。

各背景画像は【固定ページの編集】でアイキャッチ画像を選択するだけの簡単設定。
ひとつおきでの背景設定や、テクスチャ(模様)や色のみにしたりするのもお勧めです。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

space

02 SAMPLE

space

この各ブロックの通常のページ編集はもちろん、
使用する背景画像の構図に合わせ、左寄せ、右寄せ等、
タグで簡単に(この文章の長方形エリアを)設定可能です。
TOPページで「続きを読む」としたい場合は、以下のように、
【「続きを読む」タグ】(more)挿入で個別ページへリンクします。

見出しや長方形エリアの設定一覧は以下をご覧下さい。 …続きを読む

space

02 SAMPLE

space

この各ブロックの通常のページ編集はもちろん、
使用する背景画像の構図に合わせ、左寄せ、右寄せ等、
タグで簡単に(この文章の長方形エリアを)設定可能です。
TOPページで「続きを読む」としたい場合は、以下のように、
【「続きを読む」タグ】(more)挿入で個別ページへリンクします。

見出しや長方形エリアの設定一覧は以下をご覧下さい。 …続きを読む

space

02 SAMPLE

space

この各ブロックの通常のページ編集はもちろん、
使用する背景画像の構図に合わせ、左寄せ、右寄せ等、
タグで簡単に(この文章の長方形エリアを)設定可能です。
TOPページで「続きを読む」としたい場合は、以下のように、
【「続きを読む」タグ】(more)挿入で個別ページへリンクします。

見出しや長方形エリアの設定一覧は以下をご覧下さい。 …続きを読む

space

03 SAMPLE

space

各ブロックの上下幅の調整も可能です。
初期設定では全ブロック共通で、
◎パソコンでの最低高さ768ピクセル、
◎タブレットでの最低高さ500ピクセル、
◎スマホでの最低高さ200ピクセル、
で設定しています。

ブロック内の掲載内容量が上記よりも多ければ、自動的に上下の高さは長くなり、背景画像の大きさも可変します。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

03 SAMPLE

space

各ブロックの上下幅の調整も可能です。
初期設定では全ブロック共通で、
◎パソコンでの最低高さ768ピクセル、
◎タブレットでの最低高さ500ピクセル、
◎スマホでの最低高さ200ピクセル、
で設定しています。

ブロック内の掲載内容量が上記よりも多ければ、自動的に上下の高さは長くなり、背景画像の大きさも可変します。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

03 SAMPLE

space

各ブロックの上下幅の調整も可能です。
初期設定では全ブロック共通で、
◎パソコンでの最低高さ768ピクセル、
◎タブレットでの最低高さ500ピクセル、
◎スマホでの最低高さ200ピクセル、
で設定しています。

ブロック内の掲載内容量が上記よりも多ければ、自動的に上下の高さは長くなり、背景画像の大きさも可変します。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

04 SAMPLE

space

このページ最上部で横幅100%いっぱいのスライドショー利用も可能です。
専用のスライドショー用ページを入れておりますのでそちらをご利用下さい。
ご利用はプラグイン【Easing Slider】がレスポンシブ対応でお勧めです。
横幅100%では無いスライドショーの掲載は、他ページや記事、
どのページでも、複数のスライドショー設置が可能です。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

04 SAMPLE

space

このページ最上部で横幅100%いっぱいのスライドショー利用も可能です。
専用のスライドショー用ページを入れておりますのでそちらをご利用下さい。
ご利用はプラグイン【Easing Slider】がレスポンシブ対応でお勧めです。
横幅100%では無いスライドショーの掲載は、他ページや記事、
どのページでも、複数のスライドショー設置が可能です。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

04 SAMPLE

space

このページ最上部で横幅100%いっぱいのスライドショー利用も可能です。
専用のスライドショー用ページを入れておりますのでそちらをご利用下さい。
ご利用はプラグイン【Easing Slider】がレスポンシブ対応でお勧めです。
横幅100%では無いスライドショーの掲載は、他ページや記事、
どのページでも、複数のスライドショー設置が可能です。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

05 SAMPLE

space

パララックスのブロック数は10、右のリンクで各移動が可能です。
ブロックを個別に非表示にすることも【非公開】とするだけで可能です。
※最低1ブロックの表示か、又はスライドショーエリアの表示はして下さい。
右のリンクエリアは全て非表示(未使用)とする事も可能です。
display: none;を追加するだけです(マニュアルにて以下箇所ご説明)。

/* === TOP パララックスナビ === */
#bgTOP .menu {
background:url(“images/h_bg.png”) repeat;
display: none;
}

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

05 SAMPLE

space

パララックスのブロック数は10、右のリンクで各移動が可能です。
ブロックを個別に非表示にすることも【非公開】とするだけで可能です。
※最低1ブロックの表示か、又はスライドショーエリアの表示はして下さい。
右のリンクエリアは全て非表示(未使用)とする事も可能です。
display: none;を追加するだけです(マニュアルにて以下箇所ご説明)。

/* === TOP パララックスナビ === */
#bgTOP .menu {
background:url(“images/h_bg.png”) repeat;
display: none;
}

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

05 SAMPLE

space

パララックスのブロック数は10、右のリンクで各移動が可能です。
ブロックを個別に非表示にすることも【非公開】とするだけで可能です。
※最低1ブロックの表示か、又はスライドショーエリアの表示はして下さい。
右のリンクエリアは全て非表示(未使用)とする事も可能です。
display: none;を追加するだけです(マニュアルにて以下箇所ご説明)。

/* === TOP パララックスナビ === */
#bgTOP .menu {
background:url(“images/h_bg.png”) repeat;
display: none;
}

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

06 SAMPLE

space

レスポンシブCMSの設計テーマなので
パソコン、タブレット、スマートフォンにレイアウト対応します。
パララックス箇所での背景画像の動きは、PC用のみの効果ですのでご注意下さい。
スマートフォンでは背景画像がみづらくなるので、
掲載内容(本文)下に画像として自動掲載する設計にしています。

※タッチデバイス(タブレット、スマートフォン等)でパソコン用のテーマを表示した場合、
パソコンのスクロール量とは異なる為、パララックスの箇所は、
スクロールすると各画像の上下間にずれ(空き)が生じます。
空きを目立たせない方法として、背景設定を一つおきにしたり、
天地部分がサイトの背景色に近い画像や透明化等でご利用する事をお勧めします。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

06 SAMPLE

space

レスポンシブCMSの設計テーマなので
パソコン、タブレット、スマートフォンにレイアウト対応します。
パララックス箇所での背景画像の動きは、PC用のみの効果ですのでご注意下さい。
スマートフォンでは背景画像がみづらくなるので、
掲載内容(本文)下に画像として自動掲載する設計にしています。

※タッチデバイス(タブレット、スマートフォン等)でパソコン用のテーマを表示した場合、
パソコンのスクロール量とは異なる為、パララックスの箇所は、
スクロールすると各画像の上下間にずれ(空き)が生じます。
空きを目立たせない方法として、背景設定を一つおきにしたり、
天地部分がサイトの背景色に近い画像や透明化等でご利用する事をお勧めします。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

06 SAMPLE

space

レスポンシブCMSの設計テーマなので
パソコン、タブレット、スマートフォンにレイアウト対応します。
パララックス箇所での背景画像の動きは、PC用のみの効果ですのでご注意下さい。
スマートフォンでは背景画像がみづらくなるので、
掲載内容(本文)下に画像として自動掲載する設計にしています。

※タッチデバイス(タブレット、スマートフォン等)でパソコン用のテーマを表示した場合、
パソコンのスクロール量とは異なる為、パララックスの箇所は、
スクロールすると各画像の上下間にずれ(空き)が生じます。
空きを目立たせない方法として、背景設定を一つおきにしたり、
天地部分がサイトの背景色に近い画像や透明化等でご利用する事をお勧めします。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

07 SAMPLE

space

【パララックスエリアで使用する画像サイズ】
使用する画像サイズはご自由です。
サンプルは1500×1125ピクセル(縦横比4:3)程度を使用しています。
閲覧者ブラウザの横幅に応じて画像はワイドに拡大可変しますので、
大きな画像の方が画質は綺麗ですが、閲覧は重くなります。
ご利用になる絵柄に応じてサイト表示ご確認の上、大きさはご決定下さい。

縦横比は4:3にする必要はありませんし、各画像違うサイズでもOKです。
5:5や、掲載する内容量によっては縦長の画像でも良いでしょう。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

07 SAMPLE

space

【パララックスエリアで使用する画像サイズ】
使用する画像サイズはご自由です。
サンプルは1500×1125ピクセル(縦横比4:3)程度を使用しています。
閲覧者ブラウザの横幅に応じて画像はワイドに拡大可変しますので、
大きな画像の方が画質は綺麗ですが、閲覧は重くなります。
ご利用になる絵柄に応じてサイト表示ご確認の上、大きさはご決定下さい。

縦横比は4:3にする必要はありませんし、各画像違うサイズでもOKです。
5:5や、掲載する内容量によっては縦長の画像でも良いでしょう。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

07 SAMPLE

space

【パララックスエリアで使用する画像サイズ】
使用する画像サイズはご自由です。
サンプルは1500×1125ピクセル(縦横比4:3)程度を使用しています。
閲覧者ブラウザの横幅に応じて画像はワイドに拡大可変しますので、
大きな画像の方が画質は綺麗ですが、閲覧は重くなります。
ご利用になる絵柄に応じてサイト表示ご確認の上、大きさはご決定下さい。

縦横比は4:3にする必要はありませんし、各画像違うサイズでもOKです。
5:5や、掲載する内容量によっては縦長の画像でも良いでしょう。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

08 SAMPLE

space

【スライドショー画像サイズ(このページ最上部で使用する場合)】
一例として、画像サイズ、1500×1125ピクセル(縦横比4:3)で、
スライドショー表示の設定は、2048×1360ピクセル、そしてレスポンシブ設定。

パララックスエリアの画像と同様、レスポンシブ設定とした場合は、
閲覧者ブラウザの横幅に応じて画像はワイドに拡大可変しますので、
大きな画像の方が画質は綺麗ですが、閲覧は重くなります。
ご利用になる絵柄に応じてサイト表示ご確認の上、大きさはご決定下さい。
こちらも縦横比4:3にする必要はありません。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

08 SAMPLE

space

【スライドショー画像サイズ(このページ最上部で使用する場合)】
一例として、画像サイズ、1500×1125ピクセル(縦横比4:3)で、
スライドショー表示の設定は、2048×1360ピクセル、そしてレスポンシブ設定。

パララックスエリアの画像と同様、レスポンシブ設定とした場合は、
閲覧者ブラウザの横幅に応じて画像はワイドに拡大可変しますので、
大きな画像の方が画質は綺麗ですが、閲覧は重くなります。
ご利用になる絵柄に応じてサイト表示ご確認の上、大きさはご決定下さい。
こちらも縦横比4:3にする必要はありません。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

08 SAMPLE

space

【スライドショー画像サイズ(このページ最上部で使用する場合)】
一例として、画像サイズ、1500×1125ピクセル(縦横比4:3)で、
スライドショー表示の設定は、2048×1360ピクセル、そしてレスポンシブ設定。

パララックスエリアの画像と同様、レスポンシブ設定とした場合は、
閲覧者ブラウザの横幅に応じて画像はワイドに拡大可変しますので、
大きな画像の方が画質は綺麗ですが、閲覧は重くなります。
ご利用になる絵柄に応じてサイト表示ご確認の上、大きさはご決定下さい。
こちらも縦横比4:3にする必要はありません。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

09 SAMPLE

space

TOPページはパララックスのみ(下のエリアは全て非表示)で良いという場合は、
ダッシュボードの【外観】>【テーマの編集】>
メインインデックスのテンプレート (index.php)
を開き、<!–パララックスエリア–ここまで–>の下を全て消して、
</body>
</html>
と記載して、下ボタンで【ファイルを更新】して下さい。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

09 SAMPLE

space

TOPページはパララックスのみ(下のエリアは全て非表示)で良いという場合は、
ダッシュボードの【外観】>【テーマの編集】>
メインインデックスのテンプレート (index.php)
を開き、<!–パララックスエリア–ここまで–>の下を全て消して、
</body>
</html>
と記載して、下ボタンで【ファイルを更新】して下さい。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

09 SAMPLE

space

TOPページはパララックスのみ(下のエリアは全て非表示)で良いという場合は、
ダッシュボードの【外観】>【テーマの編集】>
メインインデックスのテンプレート (index.php)
を開き、<!–パララックスエリア–ここまで–>の下を全て消して、
</body>
</html>
と記載して、下ボタンで【ファイルを更新】して下さい。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

10 SAMPLE

space

テーマはご自由にカスタマイズ(改造)して頂いて構いません。
ただカスタマイズに関するご質問についてはお答え出来ませんのでご了承下さい。
カスタマイズご依頼や、制作が困難な場合等は、制作サービスを承っておりますので、
どうぞお気軽にご相談下さい。

【CMSホームページ制作★ GFW】
(テーマご購入者様は1テーマご購入料金分をお値引させて頂きます)
※レスポンシブでは無く、閲覧環境デバイス(機器)に応じてのテーマ振り分けもご依頼下さい。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

10 SAMPLE

space

テーマはご自由にカスタマイズ(改造)して頂いて構いません。
ただカスタマイズに関するご質問についてはお答え出来ませんのでご了承下さい。
カスタマイズご依頼や、制作が困難な場合等は、制作サービスを承っておりますので、
どうぞお気軽にご相談下さい。

【CMSホームページ制作★ GFW】
(テーマご購入者様は1テーマご購入料金分をお値引させて頂きます)
※レスポンシブでは無く、閲覧環境デバイス(機器)に応じてのテーマ振り分けもご依頼下さい。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

space

10 SAMPLE

space

テーマはご自由にカスタマイズ(改造)して頂いて構いません。
ただカスタマイズに関するご質問についてはお答え出来ませんのでご了承下さい。
カスタマイズご依頼や、制作が困難な場合等は、制作サービスを承っておりますので、
どうぞお気軽にご相談下さい。

【CMSホームページ制作★ GFW】
(テーマご購入者様は1テーマご購入料金分をお値引させて頂きます)
※レスポンシブでは無く、閲覧環境デバイス(機器)に応じてのテーマ振り分けもご依頼下さい。

以下スペース調整(space.pngのheightサイズ)

日本語学習コースガイド
■ 長期日本語学習コース(留学ビザ必要)
<進学向け日本語学習コース>
1. 大学院・大学・専門学校等への進学支援
研究計画書作成指導(大学院)
日本語検定試験JLPT (N1,N2), 日本大学留学試験EJU選択科目 (総合科目;数学1&2; 科学 (物理,化学,生物)
2. 一般日本語学習コース
• ビジネス日本語学習コース
• 一般日本語・日本文化学習コース
3. 無料クラス: 漢字, 英会話,基本日本語
■ 短期集中日本語学習コース
1. 一般集中日本語コース(1~3ヶ月)
2. 一般日本語・日本文化学習コース (1月4月7月8月10月12月)
午前中日本語学習・午後文化活動 大阪・奈良や京都への日帰り旅行
■ 日本語個人学習コース
入学手続き
E-mail (int-cul@mte.biglobe.ne.jp) でILA国際語学学院へ問い合わせ。 次にメールで書類(入学願書、履歴書)を送る。
* 長期日本語学習コースでは、書類提出締め切り日をメールから確認する。
特徴:多国籍の学生、高い進学率(大学院へ20%)、専門の経験豊かな教員( 学院長ー大学院教授、大学で教鞭中。)

 

新着情報

2015.7.16NEW
2016年1月生募集
2015.7.16
長期及びサマー7月生入学
2015.4.24
2015年度10月生募集
2015.3.11
2015年度3月卒業式優秀賞3名、努力賞6名

…続きを読む